ピーチは遅延が多い?理由と韓国旅行の際の対処法など紹介

ピーチ

格安で飛行機を利用できることから人気のあるLCCピーチ。

 

ただ、

「座席が狭い」

「色んなことに別料金がかかる」

など不便さもあります。

 

その中でも迷惑がかかるのは、

「遅延が多い」

ということ。

 

そこで、

・ピーチに遅延が多いのはどうしてか?

・対処法は?

などを紹介していきたいと思います。

 

ピーチの遅延・欠航について

◆どうして遅延が起こるのか?

ピーチに遅延が多い理由は、予備機がないということです。

 

飛行機は機体トラブルなどの不具合が起こると、その都度点検や修理が行われます。

 

大手航空会社だとそういう時に予備機を出して対応しますが、ピーチの場合は代わりの機体がありません。

 

そのため、大幅な遅延や最悪の場合、欠航という事態になってしまうのです。

 

【もし欠航になったら補償はある?】

欠航になってしまっても、

・ホテルの宿泊案内

・他の航空会社への案内

・航空券の払い戻し

などの補償はありません。

 

私も何度か、途方に暮れて空港のベンチで寝ている人を見ました。

 

しかし、違う便に振り替えすることは可能なので、空港に行き手続きを最初にしましょう。

 

韓国から日本に帰る便が欠航になった場合、

 

・「他の航空会社のチケットを取ってその日に帰ってくる」

(元々持っているピーチの航空券+新しい航空券の2つのお金がかかる)

 

・「翌日に振り替えて、韓国で1泊する」

(1泊分の料金がかかる)

 

の2択になるということです。

 

欠航になったとき、サービスセンターが混雑して電話がなかなか繋がらなくなることもあるので、直接空港に行くのをオススメします。

 

欠航の予定はピーチ公式サイトで確認できるので、チェックしておきましょう。

 

◆対処法を紹介

ピーチを利用するときは、遅延があると思って行動しておくのが最善です。

 

もし大幅な遅れが起きても対応できるように、いくつか対処法を紹介していきます。

 

【キャンセル方法を見ておく】

韓国旅行は1泊2日の弾丸旅行でも行けるため、

「韓国着いたらまずエステ!」

「ロケ地巡りに行く♪」

などついてすぐにお店やツアーの予約を入れているときがあります。

 

しかし遅れてしまった場合、予約をキャンセルしないといけません。

 

連絡方法が分からず無断キャンセルになってしまうと、罰金を取られる可能性もあるので、

「キャンセル料はかかる?」

「飛行機が遅れた場合は?」

など、予約をするときに確認しておくといいでしょう。

スポンサーリンク

 

旅行会社や有名なツアー会社を通していると、日本にデスクがあることが多いため、連絡が取りやすいですよ。

 

店舗が韓国にしかない場合、国際電話を利用しなくてはいけません。

 

そうすると料金が高くなるのでメール対応になってしまいます。

 

メールは返事がすぐ帰ってこないと不安になりますよね。

また、そのまま飛行機に乗ってしまうと2時間はやり取りができません…。

 

そういった面でも、大手の会社を通じて予約する方が安心感を得られます。

 

【最終便は送迎付きがオススメ】

最終便で韓国に行く場合、ホテルから出ている無料送迎はなく、バス・電車などの交通機関も動いていない可能性が高いです。

 

そうすると乗客はタクシーを利用するため、タクシー乗り場は行列になり、ホテルに着くのが夜中になってしまうことも。

 

しかも夜間のタクシーは割り増し料金となるため、普段よりも高額になってしまいます。

(通常だとソウル市内(明洞)までは約1時間半、料金は8,000円ほど)

 

ぼったくりにあったり、行き先が上手く伝わらなかったり、海外でタクシーを利用するのは少し不安だという人も多いので、そういう時は送迎を予約しておく方法がオススメです。

 

仁川空港からソウル市内(明洞)まで車1台約4,000円から利用することができます。

 

車の大きさや利用人数によって異なりますが、価格帯はタクシーよりも少し安いぐらい。

 

しかも送迎を予約している場合、到着出口までドライバーさんがお迎えにきてくれるので、空港内で迷うこともありません。

 

さらに、予約時に飛行機の番号を伝えているため、こちらから連絡しなくても遅延情報を聞いてその時間まで待ってくれています。

 

「遅れてしまったときどうしよう…」と考えなくていいので、便利ですよね。

 

ピーチを利用するとき遅延するものと思っておこう

旅行や仕事で利用することが多い飛行機。

大幅に遅れてしまうと予定が崩れてしまうため大変ですよね。

 

私も以前友達と韓国へ行くときにピーチを利用したことがあります。

友達は午前発、私は最終便に乗り韓国で合流する予定でした。

 

しかし友達から「飛行機が遅れている」との連絡があり、合流したあと聞くと4時間以上遅延していたことが分かりました。

 

4時間も遅れると、1日を無駄にしたような気持になりますよね。

 

「バスの送迎時間に間に合わず、タクシーを使わないといけなかった」

「予約のキャンセル方法が分からずキャンセル料を払った」

など色んなトラブルがあることも分かったので、遅延したときのことを考えて行動することが大切だと気付きました。

 

ピーチに遅延が多いのは有名なこと!

対策を知って利用しましょうね。

スポンサーリンク